引佐町森林組合の公式ホームページです。

座して「変化」を待つのではなく、「変化」を求め、「進化」する組合へ!

引佐町森林組合は、2017年大河ドラマに決定した女城主「井伊直虎」の縁の地に位置し、浜松市北区を中心に森林整備、林業事業を展開しております。

間伐・森林整備など森を守る仕事のほか、名古屋市東山動物園から委託され、山林を利用したコアラの餌であるユーカリの栽培も行っております。ユーカリに関しては30年以上の歴史があり、その実績と経験を買われ今では東海圏外の動物園からも多数お声がけ頂いております。

世の中変化は目まぐるしく、現状を維持するのも厳しい時代です。今後変化』を待つのではなく、30年前のユーカリ同様、時代のニーズに合った新たな事業を模索・挑戦し、地域貢献・社会貢献ができるような進化した組合を目指していきたいと思います。

 

最新記事

  • 本日、午前8時30分から、浜松市北区引佐町の龍潭寺において宝くじ保管箱のご祈祷が行われました。 早朝のすがすが …

    ご祈祷が行われました。

  • 宝くじ保管箱が完成しました。 12月3日に井伊家の菩提寺である龍潭寺においてご祈祷を受けた後、ご注文いただいた …

    宝くじ保管箱が完成しました

  • 今年も11月になり、ほぼ半年かけて乾燥させてきた薪の玉切り・割り・荷造りが始まりました。皆様のご利用をお待ちし …

    薪の販売が始まりました。